在宅お役立ち情報

care-eco's magazine

2021/02/19

【インタビュー】篠原 彰先生(篠原医院院長・静岡県医師会前会長)

篠原先生は、静岡県焼津市で医院を開設されておられ、30年以上前から在宅医療を実践されています。今でこそ注目されている在宅医療ですが、当時はまだまだその重要性は認識されておりませんでした。
その先見の明には敬服するばかりです。
また、第17代静岡県医師会長として、在宅医療の発展に尽力された方でもあります。
今回は、篠原先生に在宅医療に対する想いを伺いました。

■お父上の影響で在宅医療の道に
もともと父が開業医をしておりました。当時はまだ車が普及していない時代でしたので、動けなくなってしまった患者さんに往診に行くことは当たり前でした。父がスクーターで往診に出かけていく姿をよく覚えています。また、まだ夜間救急センターなど整備されておりませんでしたから、夜中に急患の方が来たり、家に救急車が来たりしていました。
在宅医療が入院、外来に続き第3の医療形態として医療構想に位置づけられたのは1994年ですが、私は父の影響もあり、在宅医療が外来の延長線にあることが当たり前だと思っていました。

■苦悩の勤務医時代
昭和60年に37歳で東京から地元に帰ってきたのですが、それまで大学で血液内科(白血病など血液の病気を専門とする科)をやっていました。
勤務医時代には色々な経験を積むことができましたが、当時はまだ治療法も少なく、亡くなる患者さんばかりでした。そんな状況に無力感を感じていたのです。
専門科に特化することも大切なのですが、医者は本当は「人」を診なければならない、と思っています。そのために、医者は視野を広くもたなければならないと常々思っておりますし、業界にこだわらず色々な方と交流するように努めています。
寄り添い、頼られ、「診てもらってよかった」と言われる医者になりたいですね。

■地元に帰ってきて気付いたこと
地元に帰ってきて父の後を継ぎました。そこで気付いたことが、お年寄りの方がこれほど多いのか、ということです。
当時は、高齢の方の医療費は無料で、老人ホームも少ない状況でしたから、高齢で動けなくなると最期まで病院で過ごすという方が多かったです。
外来にかかっていた患者さんが入院し、そのままお別れ、ということもよくありました。
しかし、私の診ていた患者さんは、ほとんどが皆ご自宅で最期を迎えられました。
これまで入院を希望したのは2名。よく覚えています。お一人は末期がんの方で、苦しむ姿をご家族が見ていられなかった。もう一人は、最期までできることをやり尽くしたいという思いで入院を希望しました。
その他の方は皆、ご自宅で看取っています。3年連続で大晦日、元旦にお看取りしたことをよく覚えています。
診療所の医者の役割は、人生の最期までお付き合いすることだと思っています。これが医療の在り方だと思っています。

■住み慣れた場所で穏やかに
母は5~6年前に亡くなりましたが、最期は自宅で穏やかに過ごしました。96歳でしたが、亡くなる直前まで元気で、食事もよく食べていました。
私は、患者さんを診るときには必ず脈を取ります。これは医学的な意味もありますが、それよりスキンシップのためです。このように、顔を合わせ、肌を触れることで安心してもらえます。
患者さん方を診ていて思うのは、たとえ何歳であっても「生きている楽しみ」が大切である、ということです。ただ生きているだけでは辛いのではないのでしょうか。
介護保険法にも書いてある通り、私は、人間は最期まで尊厳を持つことが大事なのだと思っています。

■多職種連携の大切さ
在宅医療を実践する中で、絶対に一人ではできないということを実感しました。
平成7年に地域の医師会会長を任せて頂いたのですが、医師会の会議などで在宅診療の時間が減ってしまいました。その時に代わりに対応してくれたのが院内の看護師さんたちでした。
介護保険法ができたばかりのころ、訪問看護事業や、ヘルパーステーションの立ち上げを行いましたが、これが本当に大変だった。当時はまだ行政も慣れていませんでしたし、自分たちで全て調べて作り上げました。ヘルパーの制度も無かったため、ヘルパーさんの育成から始めました。一期生が今でも3名、現役のヘルパーとして働いてくれています。
毎回、自分が関わるすべてのケアマネさんにはメールアドレスを渡して、何かあればすぐにメールしてもらっていましたし、ケアカンファレンスは必ず開いています。

■在宅医療は「ワンチーム」
私はもともとラガーマンでした。
今でもラグビーの試合を見ていると体がウズウズします。
ラグビーの言葉を借りると、在宅医療は「ワンチーム」だと思っています。
(終)

いまでこそ、在宅医療における連携が叫ばれていますが、その重要性を10年以上前から気付き、実践されておられた篠原先生。
そのスピリットに学ぶことは多いのではないでしょうか。
篠原先生、ありがとうございました。

2021/02/13

【新型コロナ】ワクチンのホントのところ

ピークは過ぎたように見えるとは言え、まだまだ気を付けなければならない新型コロナウィルス(2021年2月現在)。
ワクチンもいくつか開発され、間もなくワクチン接種開始の方向で進んでいます。
日本に住む全員が打てる日まではまだ時間がかかりそうですが、皆さまの中にも打つべきかどうか迷っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
今回は、新型コロナのワクチンについての情報をまとめたいと思います。

■ワクチンって何?
そもそもワクチンとは何でしょうか。
一言で言うと、「免疫(体内に侵入した病原体を退治する仕組み)を人工的に作る」ものです。
以前、免疫には大きく2種類あることをお話しました(「【新型コロナ】抗体さえあれば大丈夫?」をご参照下さい)。ワクチンは、兵隊(白血球)が飛び道具を用いて外敵を倒す、つまり抗体を作るために使います。
ワクチンにはいくつか種類があります。

1.不活化ワクチン
細菌やウィルスなどの破片(抗原といいます)を体内に入れることで、その破片に対する抗体を作ります。破片だけなので安全性が高いです。インフルエンザや肺炎球菌など多くのワクチンが該当します。

2.生ワクチン
弱っているが生きている細菌やウィルスを体内に入れることで抗体を作ります。本物の病原体を入れるため効果は高いですが、ごく稀に本当の感染を起こすことがあります。
水ぼうそうやはしかのワクチンが該当します。

3.mRNAワクチン
新しい種類のワクチンで、今回初めて実用化されました。mRNAというのは、私たちの体を構成するタンパク質(体の部品)の設計図で、DNAから作られます。
大ざっぱに言うと、ウィルスのmRNAを体内に入れ、それを元に人間の体の中でそのウィルスの部品を作ります。そして、その部品に対する抗体を作るという仕組みです。
利点としては、不活化ワクチンよりもかなり早く効果的なワクチンが開発できるという点が挙げられます。

■新型コロナのワクチンはどんなワクチン?
つい先日、日本でもファイザー社製のワクチンが承認されました。
これは先ほどのうちのmRNAワクチンに該当します。

■効果はどれくらいあるの?
効果を検証した研究では、予防効果は95%と示されました。
これは、例えばワクチンを打たずに100人感染すると仮定すると、そのうち95人はワクチンを打てば防げる、という意味です。インフルエンザワクチンの効果がおよそ60%と言われていますので、それと比べると高い効果が期待できることが分かります。

■安全なの?
今のところ大きな問題は見られていません。
打った後の腕の痛みが最も多く、7~8割の方に見られますが、1~2日で自然に治ります。
この症状自体はどんなワクチンでも起こります。
残念ながらアナフィラキシーという重症のアレルギーが起こる方が稀に(5人/100万人)おられるようです。インフルエンザワクチン(1~3人/100万人)と比べると若干多いですが、何倍も多いわけではありません。
ウィルスのmRNAを体内に入れる、と聞くと「大丈夫なのか?」と思われるかも知れません。しかし、mRNA自体はすぐに分解されますので、人体には影響しないと考えられています。
ただ、新しい種類のワクチンのため、長期的な影響を慎重に見ていく必要があります。

■誰が打つの?
対象年齢は16歳以上とされています。
ご高齢の方やご病気をお持ちの方は、新型コロナに感染すると重症化しやすいため、積極的に打つことをお勧めします。

■打ってはいけない人はいる?
ポリエチレングリコールという成分が含まれているため、この物質に重症のアレルギーのある方は避けるべきです(化粧品や皮膚クリームに含まれています)。
妊婦さんは、海外では打っていけないわけではありませんが、安全性はまだ確認されていません。
また、血が固まりにくくなるお薬を飲んでいる方は、ワクチンを打った後よく止血した方がよいので必ず申し出て下さい。

これまでにない新しいワクチン、と聞くと心配になるかも知れません。しかし、在宅療養をされている方々は、新型コロナに感染した時の方がリスクは大きいと考えられます。ワクチン接種を積極的に検討しましょう。

2021/02/12

【お知らせ】クラウドファンディングにご支援頂いた方々

2020年11月20日~2021年1月19日の期間で、当サイト運営資金のためのクラウドファンディングをREADYFORにて行いました(プロジェクト名「「ずっとおうちにいたい」が実現できる社会にしたい!!」)。
その結果、51名の方々に温かいご支援を頂き、目標金額を達成することができました。
ご支援頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!

ここに感謝の意を表しまして、ご芳名を掲載させて頂きます。
※順不同・ご記名頂いた方のみ

・まんまる薬局 様   ・短足おじさん 様   ・山田京子 様  ・小松 大介 様

・五十川佳苗 様    ・匿名希望 様     ・Keita.T 様     ・匿名希望 様

・C.M. 様         ・調剤喫茶いしまる 様    ・karen 様     ・キョロ 様

・S.A 様        ・稲田伸一 様     ・Rei Unno 様  ・GHくらくや・笑円 様

・片多史明 様     ・Keiko Yamamoto 様  ・楠井寛和 様  ・高嶋英二 様

・原 慎之介 様    ・柳田結子 様       ・玉城美夕 様    ・Vater 様

・menal 様       ・長坂 亮 様       ・H・T 様    ・アレック高橋 様

・松岡光洋 様     ・RH 様        ・小森將史 様       ・久米邦明 様

・江原 様       ・石井正子 様       ・shibuya101 様    ・Kana 様

・株式会社GREIGE 代表取締役 山田翔次様        ・Toshihiro Ito 様  ・安間久美子 様

・齋藤 様       ・松井 務 様       ・芹沢 様      ・川野義光 様
 
・Tatsuya Horikawa 様 ・しの 様        ・加藤由紀子 様  ・hitomi 様

・モグ藤田 様

以上の皆さまに心より御礼申し上げます。
これからも応援よろしくお願い致します。
2021/02/02

褥瘡の効果的な予防方法

在宅療養と褥瘡は、切っても切り離せられない問題です。 
ちょっと目を離した隙に、あらゆるところにできてしまいます。
褥瘡が治るには、大変な労力が必要になりますし、すっきり治らないことも多々あります。
できる限りの予防が最も大切だと思います。
今回は、在宅療養における褥瘡の予防についてお話させて頂きます。

■褥瘡は皮膚の異常ではなく全身の異常の表れ
褥瘡は、皮膚の血流が圧迫によって阻まれ、皮膚の組織に酸素が行きわたらずに、皮膚が死滅してしまうことで起こります。同じ部分が圧迫されているとたった2~3時間で褥瘡ができてしまうと言われており、そのために2時間おきの体位交換が推奨されています。
しかし、健常な人では同じ条件でも褥瘡はできません(高速道路の運転で褥瘡ができる方は滅多にいないと思います)。それは、栄養、血流、むくみなど、様々な要因が重なって起こるからです。つまり、褥瘡は皮膚だけの異常ではなく、全身の衰弱によって起こる症状だと言えます。

■褥瘡のリスク
ご高齢になるとどうしても寝ている時間が多くなってしまいますが、その中でも褥瘡ができやすい方、できにくい方がいます。
これまでの研究では、寝たきりであることに加えて以下の要因がリスクとして分かっています。

・骨の突出
・関節の拘縮
・栄養不良
・皮膚の湿潤(排泄物や汗など)
・むくみ

つまり、これらのいずれかに該当する方は(多くの方が複数該当すると思いますが)、特に褥瘡ができるリスクが高いものとして注意する必要があります。

■具体的な対策について
行うべき予防策は以下の4つです。

・マットレス選択
・ポジショニング
・スキンケア
・拘縮予防
・栄養

①マットレス選択
褥瘡予防においては、体にかかる圧力を分散させて、一か所に圧がかかり続けないようにすることが大事です。そこで体圧分散寝具(マットレス)を使います。
今は色々な種類が出ていますが、推奨されているのは、
「粘弾性フォームマットレス(ウレタンマットレス)」と「圧切替式エアマットレス」の2つです。
この使い分けですが、ざっくり言うと

・自力で体位交換ができる、もしくは頻回な体位交換が可能な環境
粘弾性フォームマットレス

・自力で体位交換ができず、頻回な体位交換が困難
圧切替式エアマットレス

を目安にして頂ければと思います。さらに、すでに述べたような褥瘡リスクのある方には、二層式(三層式)エアマットレスが推奨されます。
耐圧分散寝具を用いると、通常2時間ごとの体位交換は4時間ごとまで延ばすことができます。最近は自動体位交換機能が付いているものもありますので、これらをうまく使うことで介護する方の負担減少につながるかと思います。
ただ、機能の良いものは費用もかかりますので、機能と費用のバランスを考慮して最適なマットレスを選択する必要があります。

注意点としては、エアマットレスを使用していても四肢には褥瘡ができることがあります。
踵は浮かせ、手足を全体的にカバーできるウレタンクッションなども使うと良いと思います。

②ポジショニング
ポジショニングとは姿勢のことです。寝ている時の姿勢に気を付けることで褥瘡を防ぐことができます。
体の軸をまっすぐにすること、一点に圧がかからないようにすること、体がずれないようにすることが原則です。
横向きにする際、真横にしてしまうと耳、肩、転子部、くるぶしに褥瘡ができやすくなります。90°ではなく、クッションなどを入れて斜め30°を目安に横向きにすると良いでしょう。

③スキンケア
ムレや乾燥は皮膚を弱くし、褥瘡をできやすくしてしまいます。皮膚をやさしく清潔に保つこと、保湿剤をこまめに充分塗ることが褥瘡予防でも重要です。

④拘縮予防
すでに述べたように、関節の拘縮が褥瘡の強いリスクになります。
訪問リハビリなどを導入して、拘縮を和らげることを検討しても良いと思います。

⑤栄養
栄養が十分摂れていない方では、栄養状態を改善することで褥瘡が予防できます。
特に高カロリー高タンパクの食品が良いとされています。食事量が減ってきている方が多いとは思いますが、栄養補助食品をうまく組み合わせることで栄養状態が良くなることも多々あります。

以上、褥瘡の予防方法について述べさせて頂きました。
褥瘡を完全に防ぐことはとても難しいですが、褥瘡はQOLの低下につながってしまうので、少しでも減らすことができればと思います。

参考文献:日本褥瘡学会「褥瘡予防・管理ガイドライン(4版)」2015

2021/01/13

あっ危ない!!転倒を防ごう!

ご自宅で過ごすご高齢の方にとって、転倒はまさに天敵です。 
昨日まで元気に歩いていた方が、ちょっとした転倒をきっかけに骨折し、動けなくなってしまい、そのままおうちに帰れないというケースはよく見かけます。ある研究によれば、骨折後に最大37%もの方が1年以内に亡くなってしまうという、恐ろしい結果もあります。
逆にしっかりと対策を行うことで、転倒は予防することができます。
今回は転倒の予防方法についてご説明したいと思います。

■転倒を起こす原因
なぜ高齢になると転倒しやすくなるのでしょうか?もちろん、足腰の筋力の低下は一つの理由です。実はそれ以外にも理由があります。
例えば、

・バランス感覚の低下
・視力の低下
・お薬の副作用
・認知機能の低下
・自宅の環境

が挙げられます。
お薬としては、特に睡眠薬(ベンゾジアゼピン系など)を飲んでいる方に転倒が増えることが知られています。その他にも、血圧の薬が効きすぎたりしても転倒の危険が増えます。
認知機能が低下すると、床の段差や障害物が認識できなくなってしまい、転倒してしまいます。

■検討すべき対策
これらの原因に対して対策を行うことが転倒の予防につながります。

1. 運動
定期的な運動は、筋力やバランス感覚の維持につながります。また、骨を丈夫にする効果もあります。有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせると効果的です。
ただ、なかなかご自分では難しいという方もおられると思います。その場合は、お近くのサークル、フィットネスジム、通所・訪問リハビリを検討されてはいかがでしょうか。

2. 眼科受診
老眼に加え、白内障、緑内障、さらに糖尿病のある方では糖尿病性網膜症といった病気が隠れていることがあります。これらの治療を行ったり、メガネを調整することで転倒予防が期待できます。転倒の不安がある方は、一度眼科の先生に診てもらうことも検討しましょう。

3. お薬の見直し
先ほど述べたように、睡眠薬などお薬の副作用で転倒する危険が増えます。もし該当するお薬を飲んでいる方は、他の薬に変えられないか一度主治医の先生にご相談してみて下さい。お薬のことが分からない時は、薬局に問い合わせるか、当サイトの医師相談へご相談下さい。

4. 環境を整える
以下の対策が考えられます。
・杖や歩行器の使用を検討する
・自宅内の段差をできるだけ無くし、心配な場所に手すりを付ける
・カーペットなど滑りやすい物を床から除く
・スリッパを止め、滑り止めのついた靴下を履く
・転倒に備えて床に衝撃吸収マットを敷く

■骨を丈夫にすることも大事な対策
以上の対策に加えて、食事も大事な予防になります。カルシウムはもちろん、筋力を維持するためのタンパク質を意識的に摂取することが大切です。

いかがでしたでしょうか。転倒は一瞬ですが、その後にとても大きい影響があります。ぜひ上手に予防して、元気に過ごしましょう。

2021/01/04

【新型コロナ】抗体さえあれば大丈夫?

 新型コロナウィルスが初めて中国・武漢で確認されてから1年が経ちました。残念ながら、新型コロナウィルスは私たちの生活に入り込んでしまっています。 

しかし、一方で1年前には全く分からなかったことが少しずつ分かってきたことも事実です。最近ではワクチンが開発されたという、希望の持てるニュースもありました。ワクチンに関連して、「抗体」という言葉をよく耳にするようになったかと思います。また最近では身近で抗体検査を受けることも可能になってきました。今回は、「抗体」についてお話したいと思います。


■抗体とは?

抗体とは、免疫作用の一つです。

ヒトの免疫作用にはいくつか種類がありますが、大きく分けると、


①兵隊(白血球)が直接外敵を食べる、

②兵隊(白血球)が飛び道具を用いて外敵を倒す、


の2つに分かれます。この②で使われる飛び道具は、敵ごとによってカスタマイズされたものになります。この武器がいわば抗体です。つまり、抗体とは敵の弱点を正確に突く、弓矢のようなイメージです。

この武器はまず敵を研究してから作られますので、抗体ができるには敵が体内に侵入してから時間がかかります。逆に言うと、あるウィルスに対して抗体があるということは、そのウィルスが一度は体内に侵入したことを意味します。

抗体はタンパク質でできており、いくつか種類があります。代表的なのがIgMやIgGと呼ばれるタンパク質です。通常、感染して数日後からIgMが増え始め、少し遅れてIgGが増えます。その後、IgMは減りますが、IgGは長期間残る、というパターンが一般的です。ワクチンを打つと、この抗体が人工的に体内で作られ、免疫作用を発揮するのです。


■抗体があれば大丈夫なの?

では、抗体さえできればもう二度と新型コロナウィルスにかからないのでしょうか?

実は、抗体が陽性であっても新型コロナウィルスにかかる可能性はあります。

一口に抗体と言っても、その働き方にはいくつかあります。その一つが、「中和」と言って、ウィルスを無力化する働きで、この抗体があればウィルスを撃退することができます。しかし、新型コロナウィルスに対する抗体は一つではなく、いくつか種類があります。どういうことかと言うと、ちょっと想像しにくいかも知れませんが、ウィルスはいくつかの部品(核酸やタンパク質)から出来ています。抗体は、この部品ごとに作られるのです。そして、これらの抗体は、あっても敵を撃退する機能を持たないことが多いのです。

また、有効な中和抗体がせっかくあっても、量が不十分だと感染は防げません。

例えば、同じくウィルスである麻疹や風疹、B型肝炎などは、抗体があっても数値が低いと感染を起こしうるため、ワクチンを再接種することがあります。

それでも、人の記憶のように、時間が経つと抗体の量が減ってしまうこともあります。

実際、新型コロナウィルス抗体検査が陽性であった人が約6か月後に再感染を起こした事例の報告もあります。

治験の結果からは、短期的にはワクチンに期待が持てることは間違いないですが、この効果がどれほど持続するかはこれから検証が必要です。


■抗体陽性でも油断せずに感染対策を

まとめますと、有効な抗体が十分にあれば新型コロナウィルスにはかからない可能性は高いですが、抗体陽性であっても中和抗体が十分でなかったり、感染から時間が経っていると再感染するリスクはあります。

検査で抗体陽性であったからといっても、残念ながら油断はできません。

やはり、マスク、手洗い、3密を避けるといった基本的な感染対策を徹底する、ということが重要になります。


他地域でも展開予定です。県外の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

ご利用登録はこちら